東南角地に建つ開放感溢れる家

間取りデザイン06|東南角地に建つ開放感溢れる家

東南角地に建つ開放感溢れる家|間取りデザイン06

今回紹介するのは、墨田区本所の商業施設やマンションなどが混在する歴史ある街に建てる”東南角地に建つ開放感溢れる家”を紹介します。

整形地に建てる住宅です。

 

 

 

 

今回は、東、南側全面道路は、8Mを超える広い道路に面する敷地。近隣には古い建物も残り、新旧建物が存在する古い街、二面道路からは、恵まれた自然光が感じられる恵まれた開放された南東角地。良好な敷地には、いくつものプランが考えられる。敷地条件から方向性が決められてくる。”ニ方向が開放された敷地”にどのようなデザインをするかは、近隣建物や敷地条件を整え、プライバシーを保ち、恵まれた開放感を内部空間で感じられるようにデザインする事により”開放感溢れる家”を生むことになる。

間取りデザイン07|東南角地に建つ開放感溢れる家

東南角地に建つ開放感溢れる家|間取りデザイン07

 

今回も、都内では、珍しいとても敷地条件の良く、三階程度の住宅計画であれば、積極的に自然光を取り込む敷地に建てる家。”やさしく光が入る工夫、プライバシーが保たれ、ゆっくりとその恵みを感じられるような空間”をコンセプトにしました。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です