狭小敷地に建てるやさしい自然光を感じる家

間取りデザイン09|狭小敷地に建てるやさしい自然光を感じる家

狭小敷地に建てるやさしい自然光を感じる家|間取りデザイン09

今回紹介するのは、練馬区大泉の密集した商業施設や住宅が混在する駅近くの敷地に建てる”狭小敷地に建てるやさしい自然光を感じる家”を紹介します。

街道から少し入り込んだ袋小路状の突き当たりが建築予定地です。車も1台駐車予定。

 

 

DEN設計でも建てて来た中でも、道路に面していなく条件が良いとは言えない。敷地4方向が近隣に囲まれた状況。

近隣が接している場合、”囲まれたプライベート空間”を検討するが、今回のように道路面が接している巾が狭く、建設できる敷地は実際の敷地よりも小さくなり、建ぺい率が少ないため、隣地との距離は更に近くなる。この”囲まれた限られた空間”をどのようにデザインするかは、光をどのように建物に取り入れるかによって”閉ざされた空間”にもなり得る。

間取りデザイン11|狭小敷地に建てるやさしい自然光を感じる家

狭小敷地に建てるやさしい自然光を感じる家|間取りデザイン11

 

そして・・・今回は、建ぺい率・容積率の限界まで建てる”敷地いっぱいに建てるが、光を最大限取り入れた開かれた空間”をコンセプトにしました。

中庭に差し込む自然光を感じる二世帯住宅

間取りデザイン08|中庭に差し込む自然光を感じる二世帯住宅

中庭に差し込む自然光を感じる二世帯住宅|間取りデザイン08

今回紹介するのは、東京都府中市の住宅地に建てる”中庭に差し込む自然光を感じる二世帯住宅”を紹介します。

バス通りに面した日当たりの良い建替えの進む閑静な住宅地に建てる二世帯住宅です。

 

 

今回は、低層住宅が立ち並ぶ住宅やマンションが隣接している。日照は西側道路からは条件の良い日差しが望める、この”限りある明かりを感じられる空間”をどのようにデザインするかは、光をどのように建物に取り入れるかによって”視覚動作による豊かさ”を生むことになる。

間取りデザイン07|中庭に差し込む自然光を感じる二世帯住宅

中庭に差し込む自然光を感じる二世帯住宅|間取りデザイン07

DEN設計でも多くなりましたが、今回も、二世帯住宅。完全分離型です。1世帯を賃貸に利用して、将来、両親が住めるような”気配を感じさせない、それぞれの世帯が独立した空間”をコンセプトにしました。

 

 

 

 

明かりが差し込む階段でつなげる家族の輪

間取りデザイン09|明かりが差し込む階段でつなげる家族の輪

明かりが差し込む階段でつなげる家族の輪|間取りデザイン09

今回紹介するのは、東京都調布市の新規造成宅地に建てる”明かりが差し込む階段でつなげる家族の輪”を紹介します。

整形宅地に建てる住宅です。

 

 

 

今回は、北側全面道路は、5Mあり、南側はまだ緑地のままの為、”程よい近隣との距離がある開放的な敷地。やはり、都内での住宅地にある敷地に多い条件。”3方向を近隣に囲まれた敷地”にどのようなデザインをするかは、敷地条件を整え、プライバシーを保ち、開放感をどのように建物に取り入れるかによって”敷地の持つ限られた豊かさを感じる空間”を生むことになる。

間取りデザイン07|明かりが差し込む階段でつなげる家族の輪

明かりが差し込む階段でつなげる家族の輪|間取りデザイン07

 

都内では、道路面に建てれない物件も少なくありませんが、今回は、全面北側道路の敷地に建てる家。”積極的に光の取り込み、最大限豊かに感じられる空間”をコンセプトにしました。

 

 

 

 

やわらかい日差しを感じながら朝を迎える空間

間取りデザイン08|やわらかい日差しを感じながら朝を迎える空間

やわらかい日差しを感じながら朝を迎える空間|間取りデザイン08

今回紹介するのは、東京都杉並区の駅から近い住宅地に建てる”やわらかい日差しを感じながら朝を迎える空間”を紹介します。

整形角地に建てる住宅です。

 

 

 

今回は、西南全面道路は、角地の為、”抜け”が感じられる開放的な恵まれた敷地。一日中恵まれた日照は取れる。この”恵まれた豊かな敷地”にどのようなデザインをするかは、敷地条件を整え、開放感をどのように建物に取り入れるかによって”敷地の持つ限られた豊かさが感じる空間”を生むことになる。

間取りデザイン07|やわらかい日差しを感じながら朝を迎える空間

やわらかい日差しを感じながら朝を迎える空間|間取りデザイン07

 

都内では、道路面に建てれない物件も少なくありませんが、今回は、道路付けの良い東南の角地に建てる家。”積極的に光の取り込み、最大限豊かに感じられる空間”をコンセプトにしました。

 

 

 

 

光がふりそそぐ中庭のある家

間取りデザイン07|光がふりそそぐ中庭のある家

光がふりそそぐ中庭のある家|間取りデザイン07

今回紹介するのは、東京都八王子市の駅から近い住宅地に建てる”光がふりそそぐ中庭のある家”を紹介します。

広い変形角地に建てる住宅です。

 

 

 

今回は、東側全面道は、T字の突き当たりの為、”抜け”が感じられる開放的な恵まれた敷地。南東側からの日照は取れる。この”抜けが感じられる敷地”にどのようなデザインをするかは、敷地条件を整え、開放感をどのように建物に取り入れるかによって”敷地の持つ限られた豊かさが感じる空間”を生むことになる。

間取りデザイン06|光がふりそそぐ中庭のある家

光がふりそそぐ中庭のある家|間取りデザイン06

 

都内では、道路面に建てれない物件も少なくありませんが、今回は、道路付けの良い東南の角地に建てる家。”積極的に光の取り込み、最大限豊かに感じられる空間”をコンセプトにしました。

 

 

 

 

豊かな自然が空間をつなげる家

間取りデザイン08|豊かな自然が空間をつなげる家

豊かな自然が空間をつなげる家|間取りデザイン08

今回紹介するのは、東京都八王子市の緑多い原風景が残る地域に建てる”豊かな自然が空間をつなげる家”を紹介します。

広い敷地の一角に建てる住宅です。

 

 

 

今回は、お父さんの敷地に立てる、緑多い自然に恵まれた敷地。日照は十分取れ、自由なプランが考えられる。今回も”条件の良い敷地”にどのようなデザインをするかだが、敷地のもつ多様性から、たくさんの選択肢がでてくる。素直に自然に内部空間に開放感をどのように取り入れるかによって”ご両親の母屋とのプライバシーを保ち豊かさを感じる空間”を生むことになる。

間取りデザイン06|豊かな自然が空間をつなげる家

豊かな自然が空間をつなげる家|間取りデザイン06

 

都内では、道路面に建てられない物件もありますが、今回は、広い敷地の一角に建てる家。”良い敷地条件だが、その良好な自然風景を飽きのない窓絵として内部空間に取り込み豊かさを感じられる空間”をコンセプトにしました。

 

 

 

 

豊かさを感じる落ち着いた空間

間取りデザイン01|豊かさを感じる落ち着いた空間

豊かさを感じる落ち着いた空間|間取りデザイン01

今回紹介するのは、東京都大田区の住宅地に建てる”豊かさを感じる落ち着いた空間”を紹介します。

南東の角地に建てる住宅です。

 

 

 

今回は、南東道路幅員は6M以上の十分にのある、閑静で大きめな住宅が多く、隣接建物との距離も十分取られていて、視界は開けている。南東側からの日照は十分取れる。今回も”条件の良い敷地”にどのようなデザインをするかだが、敷地のもつ多様性から、たくさんの選択肢がでてくる。素直に自然に内部空間に開放感をどのように取り入れるかによって”プライバシーを保ち豊かさを感じる空間”を生むことになる。

間取りデザイン07|豊かさを感じる落ち着いた空間

豊かさを感じる落ち着いた空間|間取りデザイン07

 

都内では、道路面に建てれない物件もありますが、今回は、道路付けの良い東南の角地に建てる家。”良い敷地条件だが、光の取り込みを最大限利用するのではなく抑える事もデザインに豊かさを感じられる空間”をコンセプトにしました。

 

 

 

 

心地よい自然光が感じられるスキップフロアー空間

間取りデザイン01|心地よい自然光が感じられるスキップフロアー空間

心地よい自然光が感じられるスキップフロアー空間|間取りデザイン01

今回紹介するのは、東京都世田谷区桜丘の住宅地に建てる”心地よい自然光が感じられるスキップフロアー空間”を紹介します。

南東の角地に建てる住宅です。

 

 

 

今回は、南東道路幅員は狭いが、新旧混在した近隣建物は低層住宅のため比較的に条件は良いが、隣接建物との距離は無く視界は塞がれている。南東側からの日照は取れる。この”わずかな日照がとれる敷地”にどのようなデザインをするかは、敷地条件を整え、開放感をどのように建物に取り入れるかによって”敷地の持つ限られた豊かさを感じる空間”を生むことになる。

間取りデザイン08|心地よい自然光が感じられるスキップフロアー空間

心地よい自然光が感じられるスキップフロアー空間|間取りデザイン08

 

都内では、道路面に建てれない物件もありますが、今回は、道路付けの良い東南の角地に建てる家。”平凡になりがちな光の取り込みを最大限豊かに感じられる空間”をコンセプトにしました。

 

 

 

 

地下室がある光が差し込む家

間取りデザイン01|地下室がある光が差し込む家

地下室がある光が差し込む家|間取りデザイン01

今回紹介するのは、東京都世田谷区代田の住宅地に建てる”光が差し込む地下室がある家”を紹介します。

南側道路に面する高低差のある住宅地に建てる住宅です。

 

 

 

今回は、全面道路幅員も狭く計画地と高低差があり、北側隣地とも高低差がる敷地。南側は比較的に開放感はあるが、マンションにより視界は塞がれる。南側からの日照は取れる。この”日照は確保できるがプライバシーを保つのが難しい敷地”にどのようなデザインをするかは、敷地条件を整え、開放感をどのように建物に取り入れるかによって”敷地の持つ限られた豊かさを感じる空間”を生むことになる。

間取りデザイン08|地下室がある光が差し込む家

地下室がある光が差し込む家|間取りデザイン08

 

都内では、道路面に建てれない物件もありますが、今回はDEN設計でも珍しく、比較的隣接した建物との距離が保たれた住宅地に建てる家。”高低差を利用した光や借景を感じられる空間”をコンセプトにしました。

 

 

 

 

角度がある変化を楽しむ開放された箱家

間取りデザイン01|角度がある変化を楽しむ開放された箱家

角度がある変化を楽しむ開放された箱家|間取りデザイン01

今回紹介するのは、千葉県野田市の住宅地に建てる”角度がある変化を楽しむ開放された箱家”を紹介します。

街道沿いに面する広いお庭を有する住宅地に建て直す住宅です。

 

 

 

今回は、道路幅員も広く隣地に高い建物も少なく隣地とも距離が保たれている敷地。南側は開放感があり、既存のお庭を生かす計画。南側からの日照はしっかり取れ、この”開放されている敷地”にどのようなデザインをするかは、敷地条件を整え、開放感をどのように建物に取り入れるかによって”敷地の持つ豊かさを自然に感じる空間”を生むことになる。

間取りデザイン06|角度がある変化を楽しむ開放された箱家

角度がある変化を楽しむ開放された箱家|間取りデザイン06

 

都内では、道路面に建てれない物件もありますが、今回はDEN設計でも珍しく、比較的隣接した建物との距離が保たれた住宅地に建てる家。”単調になりがちな大きな庭を変化を感じられる空間”をコンセプトにしました。