フラット35S 金利引下げ幅拡大の適用修了迫る!

【フラット35とは?】

独立行政法人住宅金融支援機構と民間金融機関と共同で提供する長期固定金利の住宅ローン。

機構における技術基準に適合すれば、保証料・繰上げ返済手数料が不要で最長35年間、固定金利で融資を受ける事ができる。適合を得るために検査機関で適合照明を受けるなど、個人負担となる検査費用は増えるが、建設費・購入価格の90%まで融資を受ける事ができる。

【優良住宅支援制度?】

耐震性や省エネルギーに優れた住宅を取得した場合に、当初5年間の金利については0.3%以上の優遇が受けられるというもので、フラット35Sと呼ばれています。

この優良住宅取得支援制度を利用すると、通常の金利が仮に3.0%だとすると、5年間の金利が2.7%(3.0%-0.3%=2.7%)に引き下げられることになります。

東日本大震災の被災地については、当初5年間の金利引下げ幅は、年1.0%に拡大されます。

申込み期間については、2012年10月31日申込み分までとなっていますが、フラット35Sには予算金額あり、予算金額に達した場合は、受付が終了となります。

固定金利を選ぶのなら、お早めにご相談ください。

=============================================================
DEN設計オフィシャルサイト
家づくり情報サイト
DEN設計デザイナーブログ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です