スキップフロアーで繋げる開放感溢れるリゾートライクな間取り

今回紹介するのは、スキップフロアー作品です。

作品紹介の前に、少しスキップフロアーについて少しお話しておきます。

スキップフロアーとは、部屋と部屋を廊下ではなく、階段でつなげる手法です。主な特徴としては・・・・

 

○空間の移り変わりを視覚的に楽しむ事ができます。

○壁で空間を分けるのではなく、段差によって用途分けができるので、変化する使用目的にも汎用性を持たせられる。

○吹抜け空間を設けなくても、光や広さを共有しつつ、用途分けができる。

○家族の気配を感じながら過ごすことができる。

などです。

 

それでは、スキップフロアーのある「八王子の家」をご紹介します。

 

 

 

 

 

 

敷地の全面道路は、2面に接していて広く、自然採光は十分に望めます

角地部分は、長い時間に日差しが入り込み、その条件の良い部分をコアにスキップ(段差)をしながら上層へ上げて行きます。

1階のダイニングは、スキップする高低差を利用し吹抜けとなり、豊かな外部空間を大きなコーナー窓より積極的に内部空間とつなげています

 

 

 

 

 

 

 

キッチン・ダイニング→リビング→タタミコーナー(和室)へと、段差をゆっくりと階段でつなげています。

リビングと和室は、床そのものに段差をつけ、家族のコミュニケーションを豊かにする ように考えました。その段差は移動する為だけのものではなく、座って会話したり、ちょっとした食事をとったりと、使用目的も色々。

 

 

 

 

 

 

 

そして、最上階へは、広々としたルーフバルコニーへと階段が誘います。

 

 

 

 

 

 

 

断面計画を見ると分かりやすいと思いますが、それぞれの空間がそれぞれの視覚変化が生まれる為、その変化を楽しみ、生活を豊かにすることを考えています。

 

 

 

 

 

 

 

外観ファサードは、開く、閉じるのメリハリをつけ、木の質感で温かさのインパクトを与えるように考えました。

 

 

建築家とデザイン住宅を建てる」をテーマに、クライアントの”夢と希望” を”現実”にあてはめ造り上げたひとつひとつのドラマが、自分らしい家を 生み出す感動。そんなントのストーリーをゆっくりとリアルにお伝えできれ ばと思っています。

プロである建築家と、始めての家づくりに取り組むクライアントとの距離が 近くなった瞬間に出来上がる個性的なデザイン住宅

そのデザイン住宅が出来上がるまでに必ず遭遇する諸問題。建築法規や 工事費、近隣問題、心構えなどを、必要な部分をピックアップして説明 していきます。

これから自分らしい個性的な家をお考えの方は、もちろんの事、建築家 を目指す学生や、建築に興味のある方々の勉強の参考になるよう心がけ ていきます。

DEN設計オフィシャルサイト
家づくり情報サイト
DEN設計デザイナーブログ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です