大収納と中庭のある空間

今回紹介するのは、商店街から少し入り込んだ住宅地に立地するリゾートライクが感じられる空間です。

要望を盛り込んだ結果、中庭と大きな収納が特徴的なスキップフロアーとなりました。

住宅地ではあるが、前面道路は交通量が多く、小さいお子さんを持つクライアントには、飛び出し事故が心配される。

3方向は、マンションや住宅で囲まれ、プライバシーにも工夫が必要とされる。

 

 

1階のレイアウトは、並列駐車2台分を確保し、エントランスホールから中庭へ直線的に繋ぎ、エントランスまでに、二つのドアを開けることにより、視覚的にも子供の飛び出し防止にも有効になっている。また、外部空間へは、段階的に繋がる為、空間に余裕が生まれ豊かさを作り出す

 

コートヤードを囲むように主寝室、バス、洗面室を接することにより、プライバシーを確保しつつ外部空間と繋がります

 

 

2階へ昇ると、一気に広がる大空間には、間接的に差し込む自然光を感じる事ができる。

1階から階段を昇ると最初にキッチンやダイニングが目に入ってくる。そうする事で、キッチンに立つ奥様は、家族の帰宅や気配を感じながら家事を行うことができます。

その先には、半階昇ったところにリビングがあり、キッチン・ダイニングから望むリビングのサッシから見える外の景色は角度がプライバシーを確保してくれます。

そのリビングの下には大きな収納が用意してあるので、各部屋の収納は必要最低限のものとし、ストレスレスでこの大収納に季節物やあまり使わないものも含め利用できる。

 

 

 

2.5階リビングから、高さの変化を感じながら3階子供室へ移動します。

子供室の奥には、予備室が用意してあります。

そこから更に半階昇ったところにバルコニーが用意してあり、こちらも角度によってプライバシーが確保されます。

 

 

建物三面は、大きな窓は設けず、外部との繋がりは、外部吹抜けと中庭でプライバシーを守りながら確保しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁で囲まれた中庭や外部吹抜け+スキップフロアー=プライバシーが守られた自然光が溢れる空間

となりました。

 

 

建築家とデザイン住宅を建てる」をテーマに、クライアントの”夢と希望” を”現実”にあてはめ造り上げたひとつひとつのドラマが、自分らしい家を 生み出す感動。そんなントのストーリーをゆっくりとリアルにお伝えできれ ばと思っています。
プロである建築家と、始めての家づくりに取り組むクライアントとの距離が 近くなった瞬間に出来上がる個性的なデザイン住宅
そのデザイン住宅が出来上がるまでに必ず遭遇する 家 デザイン などの諸問題。建築法規や 工事費、近隣問題、心構えなどを、必要な部分をピックアップして説明 していきます。
これから自分らしい個性的な家をお考えの方は、もちろんの事、建築家 を目指す学生や、建築に興味のある方々の勉強の参考になるよう心がけ ていきます。

DEN設計オフィシャルサイト
家づくり情報サイト
DEN設計デザイナーブログ

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です