家具のプロフェッショナル

家具 クレド

今日は、クレドの宮木社長と中藪くんが来所しました。

いつも、キッチンや造作家具でお世話になっている クレドさん。今回も、キッチンの打合せで来ていただきました。

クレドさんのまたまた新しい試みとして、競合している同業他社と協力し、OEMとして得意分野を分業して、最終コストに反映すると言う生産方法を採用することにしました。

従来はクライアント自身が、数社に見積りを出し、その数社の中から家具会社を選ぶ方法から、その数社が手を組み、扉が得意な会社、天板に強い会社、キッチンの基本BOXの生産量が多い会社などが、不得意部分を分業により優位な会社に補ってもらう。

その結果、クライアント(消費者)を迷わす複雑な製造会社の仕組みを解りやすく形成される事になる。

今回は、DEN設計の物件でどのくらいそれらの利点が発揮できるのか?

不景気だからと諦めるのではなく、真剣に時代に向き合うことにより生まれる”あたらしい試み”も、あるのだろう。

またまた、クレドさんには勉強させられ、励みとなり、DEN設計も挑戦し続けなくてはいけない。

 

DEN設計オフィシャルサイト
家づくり情報サイト
DEN設計デザイナーブログ

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です