プライバシーが保たれた間取り

今回は、プライバシーが保たれた間取り についてご紹介します。

都内や東京近郊での住宅建設では、近隣との距離が無く、プライバシーの確保は、大変重要なテーマとなってきています。

せっかくの住まいなのに、「横のお家が気になるからこの窓は開けたくない・・」とか、「せっかくの大きなバルコニーだけど人目がきになる・・」など、それぞれの気にする事柄も個人差がありますが、プライバシーが保たれる=ゆったりと出来る、少し贅沢な気分になれる・・など、同じ空間でも感じ方さえ個人差はあります。

それらの個人差は、クライアントの数だけクオリティと要望が異なります。

今回紹介するのは、閑静な住宅街に建てる”ひっそりと暮らしたい”が、テーマです。

 

川崎のデザイン住宅

 

 

 

 

 

北側道路から、高低差1.7M程上がった玄関から入ります。ファサードは控えめですが、上品な感じにしました。コンクリートはね出しの階段は玄関への導きを表します。

 

3方向共、近隣の家に囲まれています。

今回のポイントは、分散させたふたつの庭です。北側から建物内部へ入ると、自然光が届きにくいところへ、ライトコート(中庭)を配置し、広がりと光を感じながら内部空間へと導きます。

ダイニングを通り、大きな日照が望める南側にウッドデッキスペースを配置しました。

その結果、1階ではダイニング、リビングは、二つの庭を感じながら過ごす事ができます。

 

1階からは、ライトコートを望みながら2階へと移り変わります。

ライトコートを囲むような空間構成となり、その明かりや奥行き感などの豊かさを共有することとなります。

 

さらにその上階へは、安全性を考慮した固定階段によりロフトへと運んでくれます。ここでもライトコートの恩恵は必要不可欠です。

 

断面構成もシンプルに空間をつなげています。

 

外周には、小さな窓、見えにくいバルコニー周りには、大きな窓で、明かりの取り入れ方に濃淡をつけました。

隣接する隣家を気にすることなく、明るさと豊かさを望むプランです。

 

 

建築家とデザイン住宅を建てる」をテーマに、クライアントの”夢と希望” を”現実”に当てはめ造り上げたひとつひとつのドラマが、自分らしい家を 生み出す感動。そんなントのストーリーをゆっくりとリアルにお伝えできれ ばと思っています。

プロである建築家と、始めての家づくりに取り組むクライアントとの距離が 近くなった瞬間に出来上がる個性的なデザイン住宅

そのデザイン住宅が出来上がるまでに必ず遭遇する諸問題。建築法規や 工事費、近隣問題、心構えなどを、必要な部分をピックアップして説明 していきます。

これから自分らしい個性的な家をお考えの方は、もちろんの事、建築家 を目指す学生や、建築に興味のある方々の勉強の参考になるよう心がけ ていきます。

 

DEN設計オフィシャルサイト
家づくり情報サイト
DEN設計デザイナーブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です