吹抜けのある開放感溢れる間取り

今回は、広い敷地を利用した、開放感溢れる家を紹介します。

ご家族は、ご夫婦と社会人である息子さん、それと元気いっぱいのワンちゃんになります。

 

 

現在は、現役で会社経営に携わっている ご主人のセミリタイヤ も考慮し、将来には、長男ご家族との2世帯住宅も想定します。

隣接する、会社とは、適度な距離を保ち、プライバシーを確保しなくてはいけない。

駐車スペースは、不特定多数の方が来社する為、ご自宅のファサードにも反映されるデザインが要求される。

 

 

 

 

 

 

配置は、北側に高層マンションがあり、視界には工夫が必要。

南側は、建物を平面的に角度を付ける ことにより、南面全室に日が差し込む時間を長くすると共に、庭に独立性を持たせることとなる。

 

 

 

 

 

 

1階の平面計画は、北東より建物内部に入り、玄関ホールから、吹抜けで開放空間をさらに広がりを強調された前面開口されたリビング→ダイニング→キッチン→水周り→外部デッキスペースと、流れるようにしてあります。

吹抜けは、上下を結ぶことにより共有空間が出来上がり、家族の結びつけを強めます。

 

 

 

 

 

 

2階の平面計画では、1階リビングより吹抜け空間に助長され、2階ホールへと誘われるように考えました。

独身の息子さんの部屋は、将来2世帯住宅となった場合、子供世帯のリクライニングスペースとなる事も考えられ、クローゼットやDen(書斎)を浴室やキッチンに変える設定にしました。

また、2階バルコニーが、下階親世帯との視界を遮り、プライバシーを確保している。

 

大きな庇は、力強さと安定感を象徴させています。

今回も、クライアントさんらしい表情を出せたのではないかと思っています。

 

 

 

 

建築家とデザイン住宅を建てる」をテーマに、クライアントの”夢と希望” を”現実”にあてはめ造り上げたひとつひとつのドラマが、自分らしい家を 生み出す感動。そんなントのストーリーをゆっくりとリアルにお伝えできれ ばと思っています。

プロである建築家と、始めての家づくりに取り組むクライアントとの距離が 近くなった瞬間に出来上がる個性的なデザイン住宅

そのデザイン住宅が出来上がるまでに必ず遭遇する諸問題。建築法規や 工事費、近隣問題、心構えなどを、必要な部分をピックアップして説明 していきます。

これから自分らしい個性的な家をお考えの方は、もちろんの事、建築家 を目指す学生や、建築に興味のある方々の勉強の参考になるよう心がけ ていきます。

DEN設計オフィシャルサイト
家づくり情報サイト
DEN設計デザイナーブログ

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です